営業活動の代行

今後の動向についての予測。

カップ

自動販売機設置にご興味ある方はいるでしょうか。実はこうした自販機ビジネスというのは幅広く市場が拡大しているのがほとんどです。ほんのスペースが1メートルあるだけで、24時時間営業の営業マンとなってくれます。2000年頃までに自動販売機設置のピークを迎え、560万台にも達しました。それ以降は徐々に減少の傾向にあります。理由としては、やはり商品が飽和状態にあり、スペースが1メートルという手軽さから、いたる所に多くの業者が参集し、シリーズ化し、商品を提供しているために、電気代等の経費がかさんだり、管理の問題から徐々に今後も少なくなる可能性はないとはいいきれませんが、逆に言うと質がよければ充分に今後も増えていくと予測できます。

注意すべき点について。

自動販売機設置に関して注意すべき点として、特筆すべきは多くは電気代は個人負担になり、月々の利益を出すためには、電気代月々数千円より、利益が出なければならない点にあります。委託業者や紹介業者と契約する際にもこうしたリスクマネジメントを説明してくれる業者が望ましいでしょう。工夫できる点としては、自動販売機設置の多くは商品の品入れも業者委託で行なってくれる分、手数料、電気代等を相殺した分が個人の利益となるケースです。ですので、個人で自動販売機設置を行えば、電気代を差し引いた分がそのまま全て利益となります。大別してその二つと言えるでしょう。また、各業者ごとに設置の相談にはもちろん乗ってくれますので、一度インターネット上で検索して相談して見るのも一つでしょう。